よくある質問

Q & A

化粧品・医薬部外品OEMについて、お客様から多く寄せられるご質問にQ&A形式でお答えします。
その他、わからないことやご質問があれば、メールやお電話(03-3887-1100)でお気軽にお問合わせください。

化粧品の原料や役所への手続き等について詳しくないのですが大丈夫でしょうか?

ご安心ください。お客様のご要望をお聞きした上、今後の進め方など丁寧にアドバイス・サポートさせていただきます。

試作をお願いしたい場合に費用はかかりますか?

商品化を前提の場合は基本的に試作費用は無償ですが、試作個数/商品が5個以上必要な場合や試作にお客様の希望で特別な原料を使う場合などは、別途ご相談させていただきます。
また、医薬部外品の場合は医薬品医療総合機構への申請費用(約8万円)を負担いただきます。

化粧品製造の最小ロットはいくつからですか?

基本的には初回500個を最小ロットとさせていただいております。
処方や容量によっては化粧品の製造する装置の最小容量が決まっているため、初回の最小ロットが1,000個以上となる場合もございますのでご相談ください。

商品化までの日数を教えてください。

当社のベース処方を使用して新規商品をご検討いただく場合は、化粧品(内容物)は1~2カ月程度で準備可能です。
ただし、容器や化粧箱等の包装資材は原則としてお客様にご用意いただきますが、通常4〜5カ月程度掛かることが多いようです。
新規商品を一からご検討の場合は、処方にもよりますが、化粧品(内容物)だけで半年から1年程度を目安にお考えください。発売をお急ぎになる場合は、ご相談ください。

化粧品を製品化する際に、準備しておくことはありますか?

官庁等への化粧品販売に伴う申請は全て弊社で行います。お客様に事前に準備していただくのは、化粧品の販売名称だけです。製品化の際に、お客様でご用意いただくパッケージに記載する必要事項や、表示内容の規制(薬機法等)などはお教えいたしますし、原稿の段階で弊社で文言の妥当性を確認しますのでご安心ください。

※化粧品の販売名の申請は、商標登録とは違いますので、商標を取られる場合などは、事前に営業担当にご相談ください。

医薬部外品は製造できますか?

医薬部外品の製造も可能です。弊社は医薬部外品の製造業・製造販売業の両方の許可証を取得しております。
まずはどのような製品を製造ご要望かご相談ください。
医薬部外品は、処方確定後承認までに、申請準備期間と申請期間を合わせ1年ほど時間がかかります。
すぐに、医薬部外品の商品を発売されたい場合は、当社ですでに医薬部外品の承認が下りている商品もございますのでご相談ください。

UV製品は製造できますか?

すぐに製品化したい場合は、すでにSPFとPA数値測定済みの当社で開発しました商品がございますので、ご相談ください。
オリジナルで御社独自の処方のUV製品を商品化されたい場合は、出来上がった試作品のSPF・PA等の数値を、外部検査機関にて試験する必要がございます。その費用はお客様でご負担いただくことになります。

使いたい原料があるのですが、それを配合することはできますか?

原料をご支給いただく場合は、製品特性の保証のために原料の規格・安全性が確認され、それらを証明する書類(MSDS、表示名称、原料の製品規格、原料の試験成績書など)が必要ですので事前にご相談ください。

容器やパッケージなどの資材はどうしたらいいのですか?

当社からもそれらの販売先をご紹介しますのでご相談ください。

化粧品を製造するのにコストはどのくらいかかりますか?

配合する原料や加工工程によりコストが異なりますので、試作のご依頼を受ける際には、お客様の希望価格をお聞きし、それに沿って試作サンプルをお作りします。お客様のご要望にあった内容物が試作品で確認でき包装形態が決定次第、御見積を御提出させていただきます。

すぐに商品化できる処方はありますか?

いくつかご紹介できるものがございますので、お問合わせください。(一覧参照)

製造した化粧品を海外輸出することはできますか?

海外輸出の手続きは、お客様で行っていただくことになります。
手続きに必要な書類(MSDS、INCI名、製造証明)はご用意いたしますので、ご相談ください。